最近は、民法を勉強しています。約10年ちょっと前大学や、司法試験の予備校で散々習ったものなのですが、かなり忘れていることに気がつきました。特定物の危険負担の債権者主義?など、記憶のはるかかなたでした。でも、オートマチック民法は、とても分かりやすく書いてあり、読んでいて眠くなりません。飽きますけどね・・・。

三越伊勢丹ホールディングス(HD、東京)が丸井今井札幌本店と函館店の事業を受け継ぐ新会社をそれぞれ設立した。丸井今井は、札幌地裁に事業譲渡の許可も申請しており、受け皿となる会社ができたことで、事業譲渡に向けた準備作業が加速することになる。

新会社は、「札幌丸井今井」と「函館丸井今井」で、資本金は1円。(北海道新聞)

丸井今井が新会社を1円で作りました。このように、現在では資本金1円で会社が作れます。手数料を含めても数万円あれば会社が作れちゃうんですけれど、なかなか会社をつくろうとは思いません。SOHOとか一人親方の方などは作るメリットはあろうかと思いますが・・・。

勉強の手始めは民事訴訟法にしてみました。司法試験の勉強のときにはさらっとやっただけだったので、ちんぷんかんぷんの中で、参考書を読み始めました。

選んだ参考書は、早稲田経営出版から発売されている「オートマチックシステム」(山本浩司著)

薄くて、わかりやすそうだったので購入しました。民事訴訟法のところだけでも200ページ以上ありましたが、とにかく一気に読みました。

私、司法書士試験の勉強を始めました。
以前、4~5年間司法試験の勉強をしていて挫折した過去があり、勉強というものにはかなり消極的になっていました。

しかし、勤めていた法律事務所で登記の仕事をやっていたこともあり、司法書士を目指してみようと思い立ちました。

そこで、司法書士試験のための勉強過程をブログにアップしていこうと思います。