EAP(従業員支援プログラム)のセミナーに参加しました。
EAPって簡単に言えば、主にメンタル面で会社の従業員の手助けをするプログラムのことです。
その、セミナーの講師の方のお話だと

精神的ストレスは、必ずしも労働時間の長さに比例するものではない

とのことです。仮に労働時間が長くとも、裁量権が与えられ、上下関係でストレスが長く、満足のいく賃金を得られていれば、元気に働けるのだそうです。
なるほどなあと思いました。人間、単に時間だけで測れるものではないのですね。

人はどんなときにリラックスできるものなのでしょうか?
最近、私は「リラックスしたなあ」と思えるときがないので、そんなことを考えます。
我が家に帰ったとき、お風呂に入ったとき、お酒を飲んでいるとき・・・。
上記でも(お酒を飲んだときは、ちとリラックスするかも・・・)なかなか、私はリラックスが出来ないので、
何か良いリラックス方法があればなあと思います。

只今、電車で平塚にいますが、地元の高校生超がら悪いです。
見た目が柄悪いだけでなく、電車の床に男子だけでなく、女子高生も座ってます。さすがに、SMAP中居君の地元…。

昨日、私の母校の寮(恵迪寮)が100周年を迎えたと言うことからか、NHKで寮を紹介する番組をやっていたので、視聴しました。
私は、寮生活をしていませんでしたが、大学のときに見慣れた風景などがテレビで放映されたので、疲弊している私をちょっと元気付けてくれました。

私は、いつも電車の始発駅で約20分始発電車電車をまち、約20分乗車し出勤します。最近ふと、これって時間の無駄かなあと思ってしまいました。20分座れない状態で我慢しても、20分早く会社に着ける訳で…。