日帰り温泉の満天の湯の向かいにある道の駅しょうなん。その中にある、レストラン「ヴィアッヂオ」にお昼ご飯を食べに行きました。

土曜日の昼すぎという時間帯のせいでもあるのかもしれませんが、道の駅、レストラン共に人がごった返していました。

ホームページには、「本格的中華」と書かれていたので、少し期待して行ってみました。

DSC01473

 

店内は、天井が高く、若干おしゃれ目に出来ています。しかし、そこは「道の駅」、食堂に毛の生えたようなものです・・・。

基本的には、メニューは、中華とイタリアンで構成されています。私は、担々麺と半チャーハンのセット950円を注文しました。

こちらは、注文する際、カウンターまで行かなければなりません。品物は、テーブルまで持ってきてくれます。

DSC01474担々麺、しっかり味がついて、私はいいと思いました。しかし、他の家族がラーメンを注文していたのですが、そのラーメンが味が濃いと言っていました。麺類に関しては味が濃い目ですね。逆にチャーハンは味が薄かったです。

道の駅にしては、まずまずのお店なのではないでしょうか?

ヴィアッヂオ

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:中華料理 | 我孫子駅

 

先日の札幌滞在時、予算があまりないけど、ワイワイ騒ぎながら食事をしたいということで、手稲駅前の串鳥さんにお邪魔しました。日曜日の、夕方5時過ぎでしたが、我々が入店した後も、続々とお客さんがやってきました。

感心したのは、お客さんの層が老若男女に及ぶことです。若い方から70歳過ぎだと思われるご老人まで、入店していました。

ここの一番の売りは、値段が安いこと。

DSC01464角ハイボールが、なんと300円!東京では、ありえません!調子に乗って、4杯ほど飲みました・・・。それでも1200円ですからねー。

あとは、焼き鳥を10本前後食べたかなー。

DSC01465超美味しいってほどじゃあないですが、そこそこいけます。悪くないです!

それと、豚の角煮の釜飯を頂きました。目の前の簡易コンロ(旅館の食事の時につかうやつです)で30分ほどぐつぐつ炊いて、いただきます。

DSC01467

 

釜飯もお安くて、580円。いやー、激安!満足、満足な夕食でした!

 

 

10数年前から宿泊してみたいと思っていた、北海道支笏湖畔にある丸駒温泉旅館に、ついに、宿泊することができました。

DSC01448

 

施設自体は、本当に地味な旅館です。しかし、こちらの旅館のすばらしさは、ロケーションに尽きると思います。

支笏湖のほとりにあり、特に温泉は、支笏湖と繋がっているのです!

丸駒温泉旅館

以前、こちらで日帰り入浴をしたことがあるのですが、それは、絶景で素晴らしかったです!

その時の素晴らしさが忘れられず、今回の宿泊となったわけです。

冬場の平日ということもあり、予約は簡単に取れました。

囲炉裏会席プランという食事プランにしました。また、部屋は値段の安い山側の部屋を予約したのですが、旅館さんの計らいで、広く眺めの良い湖側の部屋に宿泊することができました。

チェックインして、まず風呂へ行きました。まず、天然露天風呂に行きましたが、10メートル以上も外を歩かなければいけなかったので、非常に寒かったです!しかも、この時期、温泉が非常にぬるい!でも、支笏湖と繋がっているくらいなので、ロケーションは相変わらず最高でした。

気を取り直して、旅館の建物の中にある風呂に入浴しました。こちらは、程よい暖かさで、快適に入浴できました。

 

 

DSC01444

囲炉裏端での夕食。とても雰囲気がありました。写真は鴨鍋です。上品な味わいで、これも満足!

夕食後に、また入浴し、睡眠。

翌朝、起きて外を見てみると・・・

IMG_2310

素晴らしい朝焼けを見ることができました!

朝食はバイキング。どのおかずも食べやすい味付けで、美味しかったです。

朝食後に、また入浴し、チェックアウト。よい旅でした。

最近、札幌を訪れたときは、ほぼ行くお店です。
週末の夕食時に行くことが多いためか、大体、30分前後待ちます。店外で待ちたい方のために、呼び出し用の携帯電話を貸してくれます。なかなか便利!
今回も30分前後待った後、入店。無駄に(失礼!)威勢の良い店内です。
通されたのは、1番奥のボックス席でした。
今回も10皿頂きました!3000円しないのに、お腹が十分満たされました!
食べた10皿を全部書くと長々とした文章になってしまうので、特に美味しかった2点をコメントします。
DSC01454
炙りさば(だったかな?)、かなりイケました!コッテリとしていて、生臭くもなく、上品な仕上がりの一品でした!
DSC01458
ホッキ。ホッキ本来の甘さが出ていて、ホッキ好きの私も満足!
好きなものを好きなだけ頼めるのが回転すしの良いところですね!とは言っても、500円近くする皿もありますが・・・。
好き放題注文したので、会計が少し心配だったのですが、2700円也で一安心!
根室花まる 手稲前田店夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:回転寿司 | 手稲駅稲積公園駅

念願のLet’s Noteを入手いたしました。以前も、Let’s Noteを所持していたことはあったのですが、中古で買ったため、長持ちしませんでした。でも、その際に感じた持ち運びの良さや、物の良さが忘れられず、今回改めて購入した次第です。

本当は、最初からSSD入りのパソコンを買おうかと考えていたのですが、べらぼうに高価なので、ハードディスクタイプのパソコンを購入して、自分でSSDに換装をしてやろうと思ったのです。

今回、購入したのは、レッツノートのCF-LX3というタイプ。14型ながら、重量が1.34キログラムとかなり軽いという優れもの。これがSSDマシンになったら鬼に金棒ではありませんか!

さっそく、レッツノートの換装の方法を調べようとネットで検索すると、このようなページを発見!非常に参考になりました。

どのように換装をするかと言うと

・SSDをパソコンに接続して、ハードディスクのコピーを取る。

・パソコンのハードディスクを外す。

・SSDを取り付ける。

ざっとあげるとこのような感じで換装ができるようです。

まず、SSDですが、今回は、サムスンのSSD840EVOを利用しました。選んだ最大の理由は値段。私が購入する少し前までは、3万数千円していたのですが、購入する段階になると29,800円まで値下がりしておりました。


本当は、CFD販売のTOSHIBA製SSDを利用したかったのですが、値段的にあきらめました。


サムスンのSSDにはコピーソフトがついているので、ソフトの指示通りにコピーをします。

 

20140228-IMG_2290

 

その後、電源コード、バッテリーを抜き、パソコンをひっくり返して、ハードディスクを取り出し、SSDに取り付けなおします。

20140228-IMG_2291

 

レッツノートの場合は、バッテリーを引き抜いた奥に、ハードディスクが挿入してあります。ドライバーで奥の金具のねじを緩め、金具を左にずらし、取り外します。

そうすると、ハードディスクがありますので、ハードディスクに付いているテープを引き、ハードディスクを引き抜きます。

そうして、SSDを代わりに挿入します。その時に、テープを張っておきましょう。

で、元に戻して、パソコンを起動してみると・・・、

とても、きびきびと動くSSDパソコンの出来上がり!思ったよりも簡単に出来ました!MacBook Proよりは手間がかかりましたけどね・・・。