我が家から車で数分の所にブロンコビリーがオープンしたので、行ってみました。お盆休み中の昼過ぎ。私たちより前に3~4組が待っていました。15分ほど待ったところで席に通してもらえました。

店内は、普通のファミレスですが、調理スペースが目を引きました。調理スペースがガラス張りになっており、調理しているところが丸見えなんです。しかも、ご飯はお釜で焚いているらしいです。

席に案内をしてくれる店員さんに初訪問であることを告げると、その調理スペースも含め、店内の概要を説明しながら席まで案内してくれました。

私が注文したのは、

炭焼きやわらかランチステーキ&極み炭焼きがんこハンバーグコンビというものです。ステーキとハンバーグを合わせて350gもあり、かなり食べ応えがありました。2日前に、高級ステーキを食べたので、それとの食べ比べ的な意味合いもありました。今回のステーキは、高級なそれと比べて、固いものでした。しかし、高級なものより脂っぽくなく、あっさり食べられるので、それはそれで、美味しいものだと思いました。

初ブロンゴビリーでしたが、まずまず満足できました。

 

ブロンコビリー おおたかの森店ファミレス / 流山おおたかの森駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

日光に行った際に、急遽ネット検索して訪問しました。お盆休み中だったこともあり、日光中心部の道路はかなり込み合っていました。

ようやく、店舗にたどり着いた13時過ぎ。ただ、あいにく3台分の駐車場は満車でした。お店の方に聞いてみると近くにある空き地に止めても大丈夫ということだったので、そちらに車を止め、入店。しかし、我々の前に、3組ほど待っている方がいました。

20分少し待ったころ、ようやく席に着けました。でも、こちらのお店、あまり細かいことにこだわらないのか、お客さんの順番待ちも管理しようとはしておらず、お客さん同士で管理してくれと言われました。少々びっくり!

メニューの中で一番目を引いたのは、湯波そば。一般的に湯葉と書くものを栃木では、「湯波」と書くそうです。そこで、冷やし湯波そばを注文しました。

冷やしの湯波そばは、氷が入っているものの、あまり冷えてはおりませんでした。しかし、熱くない分、蕎麦の味や湯葉の歯ごたえ、味わいをしっかり味わうことができたような気がします。

一度、試してみる価値はあると思います。

魚要そば(蕎麦) / 東武日光駅日光駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

知り合いに連れて行ってもらいました。訪問したのは、土曜日の12時を回ったあたりでした。お客さんは半分くらいの入りでしたが、我々が入店してからお客さんが徐々にやってきて、帰るころには満席に近い状態でした。

お店の名前の通り、茅葺き屋根が目印のお蕎麦屋さんです。それだけでも、雰囲気がかなりあるというもんです。

私は、ノンアルコールビールと鍋焼きうどんを注文しました。

小ライスと、デザートとしてスイカがついておりました。小ライスは少しうれしかったです!鍋焼きうどんの感想ですが、1700円する割には少し物足りない感じがしました。味、具などは鍋焼きうどんに入っているものが入っていたし、そこそこの味でしたが、いかんせん高めな気がします。

蕎麦は食べていないので何とも言えないのですが、連れが注文していた生姜焼きと蕎麦のセットなどを見ると、それ程センスのある蕎麦屋さんではないのかな?と思います。

 

 

 

かやぶき蕎麦やぶそば(蕎麦) / 南流山駅幸谷駅小金城趾駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1