TOHKATSU104: 情報発信ステーション

忠臣蔵

DSC01087

初めて行った新歌舞伎座で見た演目は、仮名手本忠臣蔵。忠臣蔵と言っても、私は、松の廊下と討ち入りくらいしか、知りませんでした。

もちろん、その2つのエピソード以外にも色んなエピソードがあり、5時間の歌舞伎の中で私が知っているエピソードの一つの討ち入りはたった15分。あとは、全然知らないエピソードが演じられていました。

知らないエピソードにしても、艶やかな衣装や役者さんの演じ方、大掛かりな回り舞台など見ていて、飽きることはありませんでした。

でも、5時間舞台を見ていて、腰が痛くなりましたね・・・。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.