三越伊勢丹ホールディングス(HD、東京)が丸井今井札幌本店と函館店の事業を受け継ぐ新会社をそれぞれ設立した。丸井今井は、札幌地裁に事業譲渡の許可も申請しており、受け皿となる会社ができたことで、事業譲渡に向けた準備作業が加速することになる。

新会社は、「札幌丸井今井」と「函館丸井今井」で、資本金は1円。(北海道新聞)

丸井今井が新会社を1円で作りました。このように、現在では資本金1円で会社が作れます。手数料を含めても数万円あれば会社が作れちゃうんですけれど、なかなか会社をつくろうとは思いません。SOHOとか一人親方の方などは作るメリットはあろうかと思いますが・・・。


 民事再生手続き中の北海道の老舗百貨店、丸井今井(札幌市)は18日、高島屋を再建支援企業に選ぶ方針を固めた。高島屋の支援下で札幌市、旭川市
などにある全4店を残す一方、正社員の25%にあたる約200人の削減も検討する。早期に黒字化し、再建を軌道に乗せるには大幅な人件費カットが不可欠と
判断した。(NIKKEI NET)

丸井今井、北海道の全店が残るとは、好条件を高島屋から引き出しましたね。

でも、社員25%カット、どちらにしても険しい道のりですね。

西武百貨店とそごうを傘下に持つセブン&アイ・ホールディングス(東京)は三日までに、業績不振の西武百貨店の札幌、旭川の道内二店について、百貨店とし
ての営業を終え、専門店やスーパーが入る複合商業施設などに業態転換する検討を始めた。そごう心斎橋本店(大阪)は売却する方針。道内では最大手の丸井今
井(札幌)が民事再生法の適用を申請したばかりで、長引く百貨店不況の影響が色濃くなってきた。(北海道新聞)

北海道はまさに冬の時代と言う様相です。

札幌西武は、札幌駅前と言う好立地ですが、店が狭い(2万5千平方メートル)こともあって、品揃えがあまりよくないことも一因だと思います。ライバルの大丸が4万5千平方メートルありますからね。

でも、見た目が赤レンガ調で、おしゃれだった西武、割と好きだったんですけどねー。

西武のあとは何になるんでしょうか?

北海道の老舗デパート丸井今井が民事再生法の申請を検討したそうです(要は倒産。で、渋谷とかにあるマルイとは関係ないです)。

まあ、仕方ないよなとは思うのですが、今後どうなるか気になりますよね。

①全店生き残る
②札幌本店だけ生き残る
③札幌伊勢丹になる

この3つくらいが選択肢にあがるかと思いますが、
②が一番確率高そうだと思ってます。