幼少期の精神的暴力、自傷行為の危険9倍 鹿児島大調査
2006年01月22日15時44分
 子どものころに家族から精神的暴力を受けた経験のある人は、そうでない人に比べ、リストカットなどの自傷行為に走るリスクが約9倍になることが、鹿児島大心身医療科チームの調査でわかった。(asahi com)

これ、なんとなく、わかるような気がしますねー。
こういった人が、成人しても、朝から晩まで家族に精神的暴力を受けたらどうなりますかね?しかも、周りの人がその精神的暴力に気づかなかったら・・・。その人は、おそらく、自殺しますね。

石原さとみで復活!伝説ドラマ「氷点」
2006年03月23日10時02分
 昭和の名作ドラマ「氷点」が石原さとみ(19)主演でテレビ朝日系で今冬に放送される。(asahi com)


最近では、「氷点2001」と言うのがあったのですが、それは、原作とかなり台本変わってました。
大体舞台が北海道ではなかった!それは、だめ!
私は、この本高校生のときに読みました。その影響だか分かりませんが、結局、私は「氷点」の主人公洋子とその兄、父が通ったことになっている大学に進みました。
なので、一般の人以上に、氷点ネタに思い入れがあったりするわけです。できるだけ、今度のドラマも原作に忠実にして欲しいです。

NYで非行少年激増 「iPod盗が背景」と地元紙(asahi com)

ニューヨークでi-pod目当ての強盗が増えているのだそうです。中には殺人に至るケースもあるとか・・・。
日本以上に貧富の差が激しいと言うのも理由に挙げられるかもしれませんが、そこまでして手に入れようと言うのがすごいですよね・・・。

 「国会で寝ている議員がいるのは情けない」。10代の子どもたちによる「永田町ツアー」が28日あり、こんな厳しい追及に国会議員がたじたじになった。 (asahi com)

こんな記事がありました。
特に興味を持ったのが以下の文

熱心な質疑応答の中、参加者が驚きつつ、うなずいたのは鈴木宗男衆院議員の一言だった。「人生、挫折もあるが、目標を持って頑張って。私なんて逮捕されても、こうしてやっている」

私も、挫折が結構あったりしますが、宗男議員の「何があっても腐らず頑張る!」と言う事だけは見習いたいですね。

日曜の夕方と言えば、私にとって「笑点」なのですが、最近は、あまり見ていませんでした。
で、久しぶりに見たのですが、
・司会の円楽がようやく病から復帰しつつあるものの、今のところ司会は出来ない状況
・こん平がテレビから消えてかなりたっているもの、未だ、弟子の「たい平」が出演している
などと、かなり出演者の皆さんにガタが来ているようです。
どうなんですかね・・・。